ペーパームーン 両国レストラン&バー 

今回、またまた相撲問題について書いてみたいと思います。

ニュースで度々耳にする「土俵は女人禁制

問題となったのは、京都府舞鶴市で開催された大相撲春巡業での出来事です。

舞鶴市長の多々良氏が土俵上で挨拶している途中、体調不良により倒れたのです。

その緊急事態にいち早く土俵に上がった女性医療関係者。

手際よく救急活動をする途中、

「女性は上がらないで下さい」のアナウンスが・・・。

そうなんです。土俵は女人禁制なので上がってはいけないのです。

私なりに解説してみますと・・・。

そもそもなぜ土俵は女人禁制と言われているのか?

大相撲は「女人禁制」が伝統と言われています。伝統なら伝統で何があっても貫き通せば良いのでしょうか。

一般的、宗教的な観点でなぜ「女人禁制」かと言えば、生理(月経)の時に出る血が「穢れ(けがれ)」としてみられているからです。

では、つい先日行われた静岡市駿河区であった大相撲春巡業「富士山静岡場所」で、ちびっ子相撲で土俵に上がれなかった女児は生理がきてないから土俵に上がっても良いのでは?という意見もあります。

しかしながら、相撲は男と男が裸で戦う姿を女神が見るという説もあり、女児だろうが女であればNGという見方もあるそうです。

そうするとですよ。

女性はNGで、フェラーリはOKという理由が知りたくなってきます。


両国国技館の土俵に上がったフェラーリ。

フェラーリかっこいいですね!!

良い伝統を守ることは素晴らしいことだと思いますが、今の時代、女性だから・・・という理由でスパっと切るのはどうなんでしょうね。

また、相撲協会は公益財団法人です。男性に限らず女性の協力も多大に受けられているはずです。

今色々と話題となっている相撲問題ですが、ここはひとつ良い方向に向かってみんなに愛される相撲であってほしいと思います。

相撲は素晴らしいです。

お客様と相撲の話しになると、「どうでもいい・・・」なんて言う人はいません。

土地柄からでしょうか。両国と相撲は切っても切れないですからね。

これからの相撲界の発展を願っている一人として、様々な問題をうやむやにするのではなく、きちんと直視して解決に向かって欲しいなと思います。

今日の渾身の一品

豚ヒレカツ丼です。

当店は飲み屋なんですが、ガッツリ食べる男性も多いです。今夜もお待ちしております!!


ポチッと応援よろしくお願いします!!

B級グルメ ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。